特別な研究置きをしなくても、多めに作って常備菜に

常備菜の開発置きをして時短とか省エネって思い切り言われています。
時間のある時や休暇などに思いっきり作り、普段の炊事時間を時短して楽になるというものです。
わたしからすると、せっかくの休暇の一種を敢えて常備菜開発に捧げるほうがきつい気もする。
なので私の体制、普段の炊事時間中に常備菜を作ってしまってます。
どうにもシンプルな方だ。たった多めに仕立てるだけ(爆)
ニンジン・ジャガイモ・カボチャなど、火を通すのに時間がかかる野菜は大鍋で大量に煮立てしまう。
それを冷凍・冷蔵保存して置き、あとは普段着それをサッと味付け調理するだけ。
また、きんぴらや豆の煮物なども、朝方の弁当開発のシーンとことん作って、スペースを保存しておきます。
朝方の弁当は作らない定義にはいかないので、いっそそこで腹一杯作っておけば、ごちそうら楽できるわけです。
幸い、朝方はガスコンロで食べ物を炊くのでキッチンには1時間ぐらいいるし、朝方調理するのはまるっきり苦痛ではないのです。
いっそそういった時間に思い切り調理して、他のメニューときの炊事に楽した方がお得ですよね。体重 落とす サプリメント